ヨガアライアンスとは

ヨガスクールに関する情報サイト

全米ヨガアライアンスの「RYT200」の内容と身につく能力

全米ヨガアライアンスの「RYT200」の内容と身につく能力 全米ヨガアライアンスのRYT200の内容は、インストラクター養成のための基本的な事柄を学べるように構成されています。
認定校によっても詳細部分には違いがありますが、ヨガアライアンスの規定に沿って受講内容を決めて授業が行われています。
まず100時間という半分の時間を割り当てて、技術を身に付けられるようにしていきます。
アーサナやプラーナヤーマ、チャンティング、マントラ、瞑想などを自分自身が覚えていくだけではなくて、指導者としてどのようにして教え導くのかも学ぶことができます。
残りの半分の時間は細かく割り当てられ、ティーチング理論で指導の仕方、解剖学や生態理論でヨガ特有の身体理論を押さえます。
ヨガ哲学やライフスタイルについても一通り知ることとなりますし、ティーチングを実践するなど、インストラクターになるために必要なことを教え込んで修了に向かっていきます。
指導経験がなくても学べるので、きちんと基本を定着させることができます。

全米ヨガアライアンスのRYT200はインストラクターに人気の資格

全米ヨガアライアンスのRYT200はインストラクターに人気の資格 ヨガのインストラクターにとって必須と言われるくらいメジャーな資格といえば、RYT200ではないでしょうか。
これは、世界70か国以上で認定されている国際的なライセンスですので、日本だけでなく世界中でインストラクターとして活躍する為に役立ちます。
所定の講義を200時間受講することで得られる資格で、全米ヨガアライアンスと呼ばれています。
全米ヨガアライアンスにもいくつか資格があり、最もベーシックなのがRYT200です。
子どもやマタニティ向けの指導に必要な資格やより高みを目指して500時間の受講が必要なライセンスなどもあり、ヨガ講師として活躍する為に必要な技術や知識を幅広く身に着けることが出来ます。
ヨガの講師は資格は必要ありませんし、国家資格などがあるものではありませんが信用に繋がりますし様々な指導を受けることで講師になって活躍するためのノウハウも身に着けることが可能です。
ライセンスは、スクールで取得できます。

Copyright (C) 2019 ヨガアライアンスとは. All Rights Reserved.