ヨガアライアンスとは

ヨガアライアンスの資格・RYTとは

ヨガアライアンスの資格・RYTとは

ヨガアライアンスの資格・RYTとは ヨガの資格でRYT200やRYT500といったものを見聞きしたことがある人は多いのではないでしょうか。
これは全米ヨガアライアンスが認定している資格で、Registered Yoga Teacherの略と、認定を受けるために必要になる時間数を表しています。
認定200時間というのは、比較的目指す人も多くいるライセンスで、この協会の認定校で200時間ものプログラムを修了したこと人が取得できるものです。
また認定500時間は、同じように認定校で500時間かけてプログラムを修了して取得を目指すことができます。
そして200時間を修了したあとに残りの300時間分のプログラムを修了した場合でも、資格を取得することができます。
200時間は指導経験は不要ですが500時間になると100時間の指導経験が必要になるため、難易度が上がるのが特徴です。
資格を生かしてヨガ講師になりたいというときには、ヨガアライアンスのライセンス取得を目指してみてはいかがでしょうか。

ヨガアライアンスの認定を受けて資格を得るには

ヨガアライアンスの認定を受けて資格を得るには 将来はヨガのインストラクターとして働きたいと考えている人もいるでしょう。
ヨガを教える講師になるためには必ずしも資格がいるわけではありませんが、資格を持っていることは生徒にとって講師を選ぶときの判断基準ともなるため持っていた方が役に立ちます。
様々な資格がある中でも最も良く知られている有名な資格にはヨガアライアンスがあります。
これは世界の70各国で通用するといわれているヨガのインストラクター資格です。
ヨガを教えている人であれば、知らない人はいないでしょう。
この認定を受けるにはスクールで、コースを受講する必要があります。
そして修了後に協会に登録をすることになります。
RYT200は200時間のプログラムを修了する必要があり、RYT500は500時間ものプログラムを修了しなくてはなりません。
それなりに時間がかかることから、ヨガアライアンスの資格は講師として独り立ちする際にも説得力のあるライセンスとなります。

Copyright (C) 2019 ヨガアライアンスとは. All Rights Reserved.