ヨガアライアンスとは

ヨガスクールに関する情報サイト

全米ヨガアライアンスの「RYT500」の内容と身につく能力

全米ヨガアライアンスの「RYT500」の内容と身につく能力 全米ヨガアライアンスで取得できるRYT500は、RYT200のカリキュラムをベースにさらに300時間のクラスを受講します。
これまで以上に人間性そのものを高めていくことを目指し、知識や技術の研鑽を積んで、真のプロとも言えるヨガインストラクターを目指せるようになっています。
ヨガアライアンスの内容としては、まず必須講座として200時間が設定されている部分がティーチングスキルやヨガ哲学、解剖学にアーユルヴェーダが構成されます。
選択講座である100時間は強みを磨く、力を伸ばしたい分野を選択可能になっていて、シニアやマタニティ、キッズ、瞑想など更なる個別の専門知識を得ることができます。
スクールによって細かな内容は多少変わってきますが、基本から応用という部分と新たな知識を身に付けて視野を広げてできることを増やしていくというようになっていきます。
より深みのある信頼できるインストラクターへと成長させてくれる講義ばかりです。

RYT500は全米ヨガアライアンス認定のインストラクター資格の最上位

RYT500は全米ヨガアライアンス認定のインストラクター資格の最上位 世界的知名度を誇る全米ヨガアライアンスには、計6つの認定資格があります。
一般的なヨガの指導にあたるRYT200や、妊産婦に指導が可能なRYT90の他、最上位資格になるRYT500がありこの資格を有することで本格的にインストラクターとして働くには有利になる特徴があります。
RYT500の認定資格を得るにはまず、RYT200を取得してから計240時間の実技を経験しておかないといけません。
その後、500時間の全米ヨガアライアンスが必須とするカリキュラムを受講して卒業試験へと挑めます。
取得するまでにはハードルが高く、2017年現在アメリカでは約9000人、日本ではたった124名しか取得をしていません。
しかしヨガを学ぶ人々は急増しており、今後はニーズが高くなる資格であるといえます。
人間性・知性・専門技術などヨガに必要な技能を習得し、さらにインストラクターに必要な優秀な指導方法も身に付けられるので、所持をしていればヨガのプロフェッショナルだと証明することが出来ます。

Copyright (C) 2019 ヨガアライアンスとは. All Rights Reserved.