ヨガアライアンスとは

ヨガアライアンスの歴史

ヨガアライアンスの歴史

ヨガアライアンスの歴史 ヨガアライアンスとは1990年代に二つの異なった団体が合併して設立し誕生しました。国際的なヨガカンファレンスを行っている団体と、ボランティアを行っていた組織が協力して一つの団体として生まれ変わったのです。
ヨガアライアンスが認めるヨガのインストラクターになるためには、その認定校なるものが存在します。世界的な知名度が高くおよそ世界の80ヵ国以上で通用するとされている、全米ヨガアライアンスの認定資格を取得することができ、日本国内だけではなく海外でも活躍の場を広げることができるとても権威のある認定資格です。
日本で広まりをみせたのは、日本で外国人が講師のプログラムを提供して普及していったのが始まりでした。認定資格を受けるには、全米ヨガアライアンスが定める時間の養成トレーニングを行う必要があります。その際直接講師から指導を受ける時間が設けられているところもあります。受講費用は認定校によって変わりますが、おおよその費用は40万~60万円となることが多いです。1年程度で取得することが可能となっています。

更新するために必要なこと

更新するために必要なこと 美容健康ブームの中で、ヨガインストラクターの資格を取得される方も増えてきているのではないでしょうか。沢山の人がヨガのような運動を定期的に行って、いつまでも健康で美しくいることを目指すのはとても良いことですね。しかし、せっかく取得したヨガアライアンスは、定期的にインストラクターとしての活動を行っていないと更新することが出来ないようです。
確かに、長い間活動をしていないと技術や知識も刷新されていきません。このような職業というのは、経験や実績がとても大事になるものですから、このような要件を課すのは妥当なことだと言えるでしょう。ですから、このようなことを考えると、ただヨガアライアンスを取るということを考えるのではなく、その後にしっかりとインストラクターとして働くことを念頭に置いておくことが大事です。登録料や更新料も必要になってきますから、予算の準備をしておくことも大切です。計画性を持って取り組んでいけるといいですね。

Copyright (C) 2019 ヨガアライアンスとは. All Rights Reserved.