ヨガアライアンスとは

「RPYT85」の内容

「RPYT85」の内容

「RPYT85」の内容 RPYT85は全米ヨガアライアンス協会が発行している資格で、マタニティヨガの指導者を目指せるスキルです。RYT200の資格を取得した後に受講する事が可能になり、さらなるスキルアップにも繋がる事が特徴です。
カリキュラム内容はまず最初の段階で、妊婦の身体や心の事を学ぶ解剖学や、マタニティヨガの基本となる指導力などを学んでいきます。
そして妊娠の周期によって適切な呼吸法やリラクゼーションを実践しながら、指導方法を習得していきます。産前産後のアロマセラピーやストレスの対処法、ホルモンバランスに関する知識の習得なども可能です。マタニティヨガや産後ヨガに関する生理学を身につけながら、指導者としての対応力やサポート方法を習得していきます。最終的には実際の妊婦さんなどを相手にした、実践テストなどが行なわれるケースもある事が特徴です。
トータルで85時間のカリキュラムを受け、ヨガアライアンスのマタニティヨガ指導者の資格を取得する事ができるのがRPYT85となっています。

RPYT85ってどんなもの?

RPYT85ってどんなもの? 全米ヨガアライアンスが世界で最も有名なヨガ協会で、質の高いインストラクター養成するために厳格な基準で定められたカリキュラムを提供しているため、そこでトレーニングを受けた人たちはその内容によってヨガアライアンスから認定を受け、認定指導者という立場で指導を行うことができます。世界80カ国以上で実際に指導を行っているヨガ指導者がいると言う実績からもわかるように、世界的に見ても権威の高い認定級だということができます。
そんな全米ヨガアライアンスの認定級の中でも、マタニティーヨガに特化した資格がRPYT85です。基本的なプログラムであるRYT200プログラムを終えた上で、さらに85時間のマタニティーヨガトレーニングを終了することで取得でき、産前や産後の女性の特性を理解して最適な指導を行うことができます。妊娠や出産と共に歩むヨガとして女性からの需要が高いマタニティーヨガの指導が可能になることから、特に女性のトレーニング受講者が多くなっています。

Copyright (C) 2019 ヨガアライアンスとは. All Rights Reserved.