ヨガアライアンスとは

「RCYT95」の内容

「RCYT95」の内容

「RCYT95」の内容 全米ヨガアライアンスの「RCYT95」の内容とは、18歳未満の子ども達に安全なヨガを指導できる全米ヨガアライアンス認定キッズヨガインストラクターの資格のことを指します。このRCYT95を取得するには、RYT200を先に取得してからさらに95時間のキッズヨガトレーニングを修了する必要があります。
身に付く能力はヨガの基本となるアーサナ・呼吸法・瞑想・哲学と解剖学のほか、子ども達に安全にヨガを指導するための知性と人間性を高める心理学の知識を養う事も可能です。ヨガアライアンスの中でも成長期の子どもに指導をすることから、各カリキュラムの講義時間が長いのが特徴です。子供たちがヨガに対して楽しく取り組めるようにと、音楽とコミュニケーション論理を織り交ぜた指導方法が学べるのもこの講師養成講座ならではです。0歳児から思春期の10代までさまざまなジャンルのキッズヨガを、TPOに合わせて伝えられるインストラクター能力が身に付きます。

キッズヨガインストラクターを取得

キッズヨガインストラクターを取得 ヨガインストラクターを目指す方が増えてきており、認定校や養成スクールに通ってヨガに必要とされる様々な知識をはじめ、正確なポーズや生徒への適切な指導法など、トレーニングにおける技術力や指導力のレベルをアップすることが人気になっています。また認定校や養成スクールでは、体の知識として解剖学の勉強も行えるので、指導プログラムを作る際に非常に重要になる知識を身につけることが出来ます。
自分自身の指導者の実績となる、世界最大規模のヨガの団体である「全米ヨガアライアンス協会」が発行している国際ライセンスを取得することも注目されています。基本のRYT200やRYT500といったライセンスの他に、子供への指導を行う場合に必要となるRCYT95「全米ヨガアライアンスキッズヨガインストラクター」を取得することで、0歳児からティーンエイジャーまでを受け持つキッズヨガを指導出来る実力を身につけることが出来ると注目されているのです。

Copyright (C) 2019 ヨガアライアンスとは. All Rights Reserved.